世界がわかる理系の名著 (文春新書)

3.49
  • (14)
  • (56)
  • (56)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 604
レビュー : 60
著者 :
放浪金魚さん 新書   読み終わった 

ダーウィン『種の起源』やレイチェル・カーソン『沈黙の春』、アインシュタイン『相対性理論』など、自然科学分野の礎を彩った14の作品が挙げられています。
「著者の生い立ち」から始まり、「本書の概要」「その後の世界への影響」「著者や著書に関するエピソード」「著者の教訓」さらに「本文紹介(一部)」、さらにさらに「本書が関連する現代の本」まで、概要としてはなんとも丁寧なまとめです。

読んでいる最中に“日本へヒアリ初上陸か”というニュースを聞き、ヒアリ(火蟻)に触れているレイチェル・カーソンの『沈黙の春』が再注目されていると耳にしました。この本を読む良いタイミングだったように思います。

理系出身の方にとっては周知の情報かもしれません。しかし著者の名前とタイトル程度しか把握しておらず、原作に手を伸ばすのは少々敷居が高いなぁと思っていた生粋の文系育ちの私にとっては有難い一冊でした。本書で知ったふりをするのではなく、ちゃんと原作にも手を伸ばしたいと思います。

レビュー投稿日
2017年7月8日
読了日
2017年7月4日
本棚登録日
2017年7月8日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界がわかる理系の名著 (文春新書)』のレビューをもっとみる

『世界がわかる理系の名著 (文春新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『世界がわかる理系の名著 (文春新書)』に放浪金魚さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする