失われた時を求めて 3 第二篇 花咲く乙女たちのかげに 1 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

3.90
  • (10)
  • (9)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 6
制作 : 鈴木 道彦 
hpsさん 教養作品   読み終わった 

ジルベルトへの想いが消えるまで‥‥?ですが、幼い初恋のようなものなのでそこまでひどく思い詰めず。いや、主人公は弱い体で知恵熱のようなのを度々引き起こすほど思い詰めますが、幼い形のままですから、2でスワンの恋を読んだのと比べればまああっさり読めました。恋心が幼い分可愛いしね! ジルベルトよりもその母でありスワンの妻であるオデットの描写が多くなっていくのも、あまりジルベルトに執着せず読める。
2の土地の名・名で登場したジルベルトが、本巻の土地の名・土地にてスワン夫人をめぐっての2年後として、完全に彼女への想いがなくなったところから語られるのが印象深い。次の巻へスムーズに読み進められる。

しかしやはり、鈴木道彦氏のはじめにって手引きがないと辛いなーf^_^;いやー偉大な訳者さんというより研究者さんです。ありがたい。

レビュー投稿日
2015年6月13日
読了日
2015年6月13日
本棚登録日
2015年6月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『失われた時を求めて 3 第二篇 花咲く乙...』のレビューをもっとみる

『失われた時を求めて 3 第二篇 花咲く乙女たちのかげに 1 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『失われた時を求めて 3 第二篇 花咲く乙女たちのかげに 1 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)』にhpsさんがつけたタグ

マルセル・プルーストの作品一覧

マルセル・プルーストの作品ランキング・新刊情報

ツイートする