贖罪〈上〉 (新潮文庫)

3.96
  • (71)
  • (52)
  • (63)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 570
レビュー : 52
制作 : Ian McEwan  小山 太一 
文箱さん イギリス - 小説   読み終わった 

多感な少女の衝動的な思いが引き起こす悲劇。映画を見てから読んでいるけれど…まあなんと嫌な小説であること!筆力と名声が共に絶頂期に至った作家の、ナルシスティックにも思えてしまうほどの絢爛たる文体。これでもかと精緻に美しく描き出される登場人物たちの思念。

上巻ではある夏の一日とその夜に起こった事件が語られる。タリス家の豪壮ではあるが些か古び始めた邸宅に集う家族と客人たちの心の動きが、うだるような熱気と眩しすぎる真夏の光の中で揺らめくような動線を描く。細かな表現まで息を呑むほどに美しい上に、痛々しいまでに真実味がある。ブライオニーの妄想癖とも言えそうな思い込みの激しさなど身につまされる…はぁ。

嫌味なほど上手いのと少女が痛すぎるのでどうしても諸手を挙げて絶讃するのは躊躇われるのだが…それにしても上手すぎる!

レビュー投稿日
2014年11月10日
読了日
2014年11月10日
本棚登録日
2014年11月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『贖罪〈上〉 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『贖罪〈上〉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『贖罪〈上〉 (新潮文庫)』に文箱さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする