七つの死者の囁き (新潮文庫)

3.22
  • (19)
  • (58)
  • (147)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 620
レビュー : 94
茶福豆さん 小説   読み終わった 

7人の作家による、死者たちの短編集。

印象に残ったのは道尾さんの『流れ星のつくり方』です。
真備シリーズの中の話のようですが、今回は真備の助手の凛ちゃんが主人公です。
さすが道尾さんですね。
短い話の中にもちゃんと罠を仕込んでくれてます。
最後の1ページを読み、鈍器で頭を殴られたような衝撃を受けました。
道尾作品は長編が好きですが、このような短編も良いですね。

ほかは鈴木光司さんと小路幸也さんの作品が好きです。
それぞれの作品に良さがあるので、様々なタイプの方に受け入れられる作品集だと思います。

レビュー投稿日
2012年4月22日
読了日
2012年4月22日
本棚登録日
2012年3月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『七つの死者の囁き (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『七つの死者の囁き (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする