乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)

3.52
  • (22)
  • (46)
  • (54)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 551
レビュー : 58
著者 :
hueyさん 本屋で見つけた(本)   読み終わった 

セレンディピティ。serendipity。思いがけないことを発見する能力。
それはまさに乱読から生まれる。

乱読者の私としては、そうそうと頷きながら読む本だった。

有名な外山滋比古さんだが、履歴を見ると私過去に著書を読んだことなかったみたい。思考の整理学とか有名だよなぁ。

『ガリバー旅行記』読んでみないとと思ったよね。

「忘却が活発であれば、知識過多になる心配は少ない。忘却がうまく働かないと、それほど摂取知識が多くなくても、余剰知識がたまって頭の活動を阻害するおそれがある。よく忘れるということは、頭のはたらきを支える大切な作用であると考えるようになった。」

一時間ほどでさくっと読んだ。

レビュー投稿日
2016年10月21日
読了日
2016年10月21日
本棚登録日
2016年10月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)』のレビューをもっとみる

『乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする