読書状況 読み終わった [2012年10月16日]
カテゴリ 漫画

読書状況 読み終わった [2012年10月14日]
カテゴリ 漫画

2巻ではキャラがもっと愛おしくなり泣ける場面ではしっかり泣きました。この表紙からは涙が必要とは思いもしなかった。。そして砂川の突っ込みが秀逸すぎてとんでもなく面白い…冷静に背中の火を消しているところ当の本人はお構いなしなのがとても好きダ!! 猛男と砂川と大和、良い人しか出てこない漫画

2012年10月13日

読書状況 読み終わった [2012年10月13日]
カテゴリ 漫画

可愛い後輩におすすめされて久しぶりに漫画で大笑いしました。もともと好きでよく読んでいたアルコ×河原和音合作漫画というのも新鮮!少女漫画なの?と思う反面しっかりと少女漫画していてその塩梅が絶妙。心が真っ直ぐで隠れるとベッドが浮いちゃって足が誰より速くてメールが淡白な猛男がかっこよすぎる!!風早くん並みのスターですよね

2012年10月13日

読書状況 読み終わった [2012年10月13日]
カテゴリ 漫画

シリーズ第11弾。分裂からの不明瞭な出来事が明らかになりました。伏線や謎が大小様々散りばめられたストーリーだったのでそれが回収される度に驚愕しては納得したり理解できない部分もあったり…でも今回はキャラクターの存在感でフォロー出来ていたようなそんな感想。とくにみくるの秘密や古泉激怒なんかが私の中での一番の驚愕!!複雑に交錯した世界が見事に集結する場面は入り込めました。

2012年9月23日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年9月23日]

シリーズ第10弾。平和な新学期とSOS団もどきが活発化、そんな世界を交互に展開しどちらが本当でどちらも本物?これからいったいどうなるの?話が進んだ!と思ったらまたも分裂した別世界へ…もどかしいったらない、そんな前編。朝倉が復活したり九曜と谷口が付き合っていたり古泉が首魁だったりそんな前編。

2012年9月22日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年9月22日]

シリーズ第9弾。以前から伏線はられてた中学時代の同級生の女が登場その他多数新キャラが出てきてまさに新シリーズという感じ。タイトルどおり分裂してストーリーは進みSOS団が異変に気付いたところで次巻へつづき、ます。少し読みにくく感じたけどキョンのぶれない精神は見ものでした、一番気になるのは分裂した理由!!

2012年9月17日

読書状況 読み終わった [2012年9月17日]

表紙が全てを物語る うわあああああああああああん
3組それぞれが歩み出す、このクリスマスでこれまでのもやもやを払拭してくれるかもしれないと期待を含んでしまうけど続きが気になる巻!まるごとクリスマスでも語りきれないほどぎゅっとつまったストーリー展開。
近づくことのこわさも痛いほどわかるけど、それでも歩み寄らなきゃ。
大晦日、誕生日、そして出てくるであろう進路・・・どうなるのかな!

2012年9月26日

読書状況 読み終わった [2012年9月26日]
カテゴリ 漫画

風早君の普通の男子高校生としての描写が強い。悩む悩む、次に爽子が何かすれば理性なんて吹っ飛んでしまいそうなくらいに。これまでのスーパーウルトラピュア展開とは違いシリアスな部分を上手に引き出した巻だと思います。想いが通じ合ってからのすれ違いは苦すぎる…その悩み誰に言えばいいの。
そして純愛へ向かうであろうあやね。自分というものを理解して、頑張って。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

あやねと千鶴の存在感はとても大きいものでそれぞれのサイドストーリーは見応えあり。そんな過去で繋がっていたとは思わず涙が止まりませんでした。近すぎること自分を知らなすぎることで大きな壁を作っているけど「届」いてほしい。主人公たちといえば未遂事件以降 逆にお互いの距離が近くなることに戸惑いぎくしゃく。うわああん

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

修学旅行のときめき具合を絶妙に描写する作者が神様のようです。
タガがはずれたとはいえよく我慢できたね風早さん、と言いたいところだけどそれも爽子を大事にしたい故だと感じられるのでキュンキュンします。集合写真のところは本当に好きなんだ!超絶ピュア!と卒倒ものでした。
そして千鶴と龍、あやねの展開も丁寧に切ない描写がほろ苦い…あやねに似たところがある私はどうかあやねの傷が深くないようと願うばかり、救ってあげて欲しい。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

甘酸っぱい!!!! これに尽きる。
自己否定などの後ろ向き描写も少なくほんとうに少しずつだけれど前に進み近づいていく2人がピュアに描かれてます。今度は彼氏宅訪問、勉強なんかできません。風早君耐えましたほんとイイこの人。そして修学旅行!同じ生活空間にいるだけでどきどきしてしまうよね
主人公たちがが相変わらずななか千鶴とあやねにスポットライト、傷は少ない方がいいな。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

あやね千鶴のスピンオフ的話もあり改めて違う者同士が共通点を見つけ合い友情愛情を育むというこの作品の根底が見れた巻です。爽子の両親に会い初めて部屋を訪れたり手をつないだり…。しんぼーたまらず触れようとした爽子に対し大事にするという名の我慢をつづけている風早、甘酸っぱすぎる。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

晴れて想いが通じ合った2人、風早君目線での好きになるまでの過程と初デートの描写は10巻からの流れでまたも神懸かり的。ただピュアピュアしすぎるので少しムズかゆさはありますが大事にしたいという気持ちが切に伝わりほんとかっこいい。みんなの活躍と名言もぎゅっとつまってます。
さて「君に」「届いた」けれど、今後の展開が気になります!

2012年9月25日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

悶絶必至の傑作巻!!!!!!!!! 離れた距離を埋めるまでに哀しい感情がうまれたり笑顔が消えた2人だけど待っていたのがコレなら全てが必然でもいい…9巻からの流れが神懸かり的。
あやねと千鶴の気遣い(嫌がらせ懸念)やピンの大人だからこその助言も2人をバックアップしたけれど、何よりも誰よりも風早が頑張っていた。冷やかしにも正々堂々すぎてこっちまで照れるしまつ!ほんといないかな風早!今巻は最初から最後までドキドキときめきが止まらないです。
どうか壊れないで、誰も2人を揺るがさないで、2人よ自ら揺るがないで…と思わずにはいられません。

2012年9月25日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

すれ違ってはすれ違うからどうしたらそんなにすれ違える?ってくらいにすれ違う。自分も見違えるほどに成長し、周りも確実に変化しているのにミジンコ程度の自信しかない爽子がとても残念で、近づくはずの風早の告白もそれじゃあ報われないよ。
そこで千鶴の一喝、そして龍までもが。焦り苛立つ風早も見ていられるものではないのでその厳しくも切実な喝はとても好きなシーン。
ひたむきでいること、前向きでいることの大切さを痛感しました。

2012年9月25日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

好きな気持ちが増えすぎると、会えるだけで幸せだったものにもっともっと、と欲が加わりその欲を消さなければ!嫌われたくない!なんていうのは恋愛において必須事項…それを素晴らしく上手に描かれています。その分胸が苦しいけれど…。
さて、三浦健人なる新参者が相当鬱陶しいです、風早の倍私が苛立ってます。
気持ちは大きくなっているのに、焦り、戸惑い、すれ違い、遠くなる。涙が出る程もどかしいです。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

大晦日で誕生日、そして初詣、最後まで爽やかだけどねぇその距離でいいの?とムズかゆくなってしまいました。うぅ。
そしてバレンタイン、良からぬ結末。近づきすぎると募る不安もとてもわかるけれど、もっと風早の気持ちほんの少しでも気づけるような自信をつけてほしいなぁなんて、、もどかしさ炸裂の一冊でした。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

千鶴は女の子だったし龍は不器用で一途だし、今巻は煮え切らない関係の煮え切らない恋愛模様が切なくてたまらない。徹が千鶴を心底大事に思っていて良かった。
習慣というものは変え難いのね…クリスマスに落ち合うまでのもやもやした気持ちは作者の描写が秀逸すぎて白旗。でもプレゼント交換できて無事ときめき!

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

告白後一皮むけたようなくるみの描き方はあんなに嫌いだったくるみにも好感をもてるほどで後腐れなくそのあとの展開へ入れました。
相変わらず甘酸っぱい風&爽…ピン宅で嫉妬心全開の風早君とってもすきだー
そして千鶴の恋心に展開はシフト、ほんと安定感のある漫画です。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

このベタな展開きゅんきゅんして止まらない!誰かとめて!
もはや行き過ぎた善人っぷりの爽子だけれどそれも決していやな気分にはならなくて、照れたり嫉妬したり理性とばしたりただの爽やかきらめき君で終わらない風早君とのバランスが絶妙。
誰にでも優しくあること、、風早のそれが好きだったようにくるみにもっとそれがあれば良かったのかなぁなんて皮肉(それでも爽子を好きになるけど)。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

王道のライバル登場により、憧れが胸がいたいと感じるまでの別の感情に変化したり、可愛くなりたいと新しい感情が生まれたり、成長がみられる一冊。(でもほんとやだ、くるみやだ)
相変わらずピュアにだいすき全開の主人公男、早く報われるといいなぁ

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

女子の陰湿な部分もリアルに描写してあってこうはありたくないなと思う反面、それに立ち向かった爽子あやね千鶴がもっと好きになった。
さけられていると不安になってそれをまっすぐに伝える風早の姿が印象的で、彼が微妙な変化に敏感で素直なように、私もそうありたいと爽やかに切実に思ってしまいました。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画

スーパーウルトラピュア!! 表情、細かい描写の隅々にまでただただきゅんきゅんさせられてばかり…。こういうことがしたかったなぁと憂鬱になり胸がむずむずしながらも読み進めてしまう一冊。(風早君どこかにいないかな)
先に誤解で壁が出来てしまうけれど、ことばにしないと伝わらない、頑張る爽子の成長、じーんときます。

2012年9月25日

読書状況 読み終わった [2012年9月25日]
カテゴリ 漫画
ツイートする