月に吠える―萩原朔太郎詩集 (角川文庫)

3.63
  • (35)
  • (32)
  • (83)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 324
レビュー : 44
著者 :
sayaさん 詩・うた   読み終わった 

一遍のみ、などできちんと一冊読んだことがなかったので
手に取ってみました。

詩の技巧的なところなどは正直あまり理解できておらず
雰囲気で読んでしまうのですが、
口語体で詩を書くということが画期的だったことや
32歳のときの自費出版であったなどの
時代背景ともあいまって、
孤独が淡々と綴られている感じが
胸に染みてくる感じがしました。

解説の
芸術家の創作活動の厳選はたいていトラウマに見出すことができる
という言葉に頷いてしまいました。

レビュー投稿日
2017年4月16日
読了日
2017年3月28日
本棚登録日
2017年4月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『月に吠える―萩原朔太郎詩集 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

ツイートする