スワンソング

著者 :
  • 角川書店
3.15
  • (13)
  • (36)
  • (77)
  • (26)
  • (6)
本棚登録 : 270
感想 : 64
5

ある人のblogで、
「気分が落ちているときにはお勧めできないが」
と紹介されていたので読んでみた。
確かにけして明るい話ではなく
息苦しいほど切ない物語ではあるのだが
透明感に満ちたストーリー。

コインランドリーのシーンは心に残った。
絵葉書や摘蕾のエピソードも良かった。
水割りの大好きな音が嫌いになるというのも、物悲しく感情移入しやすい。
わかれるのは相手も自分も否定することなのか。
裏切ることでしか始まらないのか。

個人的には、筆者が札幌出身ということで
雪や寒さ、都会の描き方に大して感じていたことに納得がいった。

日本語と、その曖昧さと複雑さで描かれるありきたりの風景の
なんと美しいことか。
真摯であることの神々しさ。
出逢うこと、関わることの奇跡と煩わしさ。
私たちの、持っているもの。
孤独な都会の片隅で壊れかけていく人たちが
美しい筆致で描かれている物語。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2010年2月7日
読了日 : 2009年2月24日
本棚登録日 : 2009年2月24日

みんなの感想をみる

ツイートする