課長島耕作 10 (モーニングKC)

著者 :
  • 講談社 (1990年11月1日発売)
3.35
  • (2)
  • (3)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 4
4

最初の娘VS愛人の対決は見もの。
大町久美子と別れてフィリピンに出向となった島耕作、ここでも様々な事件が起きそうである。そういえばこの時代のフィリピンはこんなイメージだったろうか。独身サラリーマンというのは、会社の命令でこんな風に色々なところへ行かされる時代だったのだろうな。
着任早々現地の従業員たちのいたずらで、秘書から誤解される島耕作。さてこれからどんな展開が待つのだろう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 漫画
感想投稿日 : 2019年12月30日
読了日 : -
本棚登録日 : 2010年5月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする