二つの祖国(四) (新潮文庫)

4.34
  • (73)
  • (52)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 489
レビュー : 29
著者 :
taikoさん  未設定  読み終わった 

東京裁判は判決を迎える。
賢治の愛した梛子にも不幸な運命が待ち受ける。

3巻から引き続き東京裁判に翻弄されました。
判決の重さ、その判決を通訳として言い渡すことになった賢治の苦悩。
梛子との別れ、家族との不和、そして東京裁判、それらが賢治を壊していく。
日系二世としてアメリカに忠誠を尽くすも、日本人としても心を強く持ってしまった賢治には、余りにも酷な運命でした。

衝撃のラスト、賢治の選んだ最後が悲しい。
まだ幼いアーサーが心配です。

レビュー投稿日
2019年4月15日
読了日
2019年4月15日
本棚登録日
2019年4月4日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『二つの祖国(四) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『二つの祖国(四) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする