W/F ダブル・ファンタジー

3.13
  • (58)
  • (196)
  • (355)
  • (131)
  • (38)
本棚登録 : 1823
レビュー : 351
著者 :
制作 : 久留 幸子 
taikoさん  未設定  読み終わった 

ドラマ化されたと知り、興味を持ちました。

貪欲な奈津、それは寂しさの裏返し。

次々に現れる男性と関係を持つようになる奈津。
束縛夫に対して、奈津がもう少し違う出方をすることが出来たなら、その場所が一番幸せだったのかもと思いましたが、どうかな?

志澤にはまるで魅力を感じなかった。
岩井は良い夫風なので、浮気だったことが主婦としては残念。
最後の大林が私には一番魅力的でした。
でもきっと、奈津はそこでは留まらないだろうな。

僧侶の祥雲……ちょっと笑った。

レビュー投稿日
2018年7月10日
読了日
2018年7月10日
本棚登録日
2018年6月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『W/F ダブル・ファンタジー』のレビューをもっとみる

『W/F ダブル・ファンタジー』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする