バイエルの謎: 日本文化になった教則本 (新潮文庫)

3.56
  • (8)
  • (14)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 136
レビュー : 23
著者 :
hy343さん 音楽   読み終わった 

バイエルと言えば、ピアノを習ったことのない人でも知っているピアノ教則本のいろはのいの字である。

けど、近ごろはあんまり評価がよろしくないんだという。指の運動の順番とか左右バランスとか、音楽性とかなんとか・・・?

そもそも、ヨーロッパなどではほぼ使われないらしい(みんな名前すら知らない)。ではなぜ日本ではそんな超のつくほどのスタンダードになっているのか。だいたい、バイエルって誰なのか。

この本は、その意外な難題に(時に諦めそうになりつつ)立ち向かい、音楽史の彼方に埋没しそうになっていたバイエルの人となりと、バイエル教則本の数奇な?出自をついに突き止めた、著者執念の探訪記である。

ちなみにバイエルはオレもやりましたがね、子どもの頃はいざ知らず、最近再びひもといてみるとなかなかチャーミングなメロディが多いんですよ。

レビュー投稿日
2019年6月3日
読了日
2019年4月17日
本棚登録日
2019年4月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『バイエルの謎: 日本文化になった教則本 ...』のレビューをもっとみる

『バイエルの謎: 日本文化になった教則本 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『バイエルの謎: 日本文化になった教則本 (新潮文庫)』にhy343さんがつけたタグ

ツイートする