誤解学 (新潮選書)

3.42
  • (2)
  • (14)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 118
レビュー : 17
著者 :
hy343さん 科学   読み終わった 

「誤解」とは何か、なぜ誤解は生じるのか、を「数学的」に考察する本。

著者は東大の先生で、渋滞学、無駄学などの著書もあり、分類癖、分析癖?があるらしい。

確かに純化して法則を発見し、次の経験に役立てるという「数学的」視点はわかるけど、内容は自明な感じで、それをやらなくても・・・という感じがしないでもない。

例えば後半、誤解を避けるため、ひいては衝突を避けるためには中庸の精神、仏教の心に答えがあったみたいな話にはちょっと鼻白むし、政治・経済・生活の「誤謬」を誤解と言い換えて関連を述べるあたりも、ちと強引ではないか。

あまり充実した読書ではなかった。

レビュー投稿日
2019年6月4日
読了日
2018年9月19日
本棚登録日
2018年9月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『誤解学 (新潮選書)』のレビューをもっとみる

『誤解学 (新潮選書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『誤解学 (新潮選書)』にhy343さんがつけたタグ

ツイートする