イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか―樹木の個性と生き残り戦略

3.79
  • (3)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 8
著者 :
hy343さん 生物   読み終わった 

イタヤカエデに限らず、いろいろな樹木の生存戦略の不思議さ・面白さをつづった本。

イタヤカエデの節約指向、カラマツは針葉樹なのになぜ落葉するのか、といった感じで、タブノキという北海道人にはあまり馴染みのない木を始め、ミズナラやオニグルミ、ヤマザクラ、モミ、ニセアカシアなどの「なくて七癖」(本人たちにとってはもちろん死活問題なのだが)が大変面白い本だった。

レビュー投稿日
2019年6月4日
読了日
2018年8月18日
本棚登録日
2018年8月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか―樹...』のレビューをもっとみる

『イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか―樹木の個性と生き残り戦略』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか―樹木の個性と生き残り戦略』にhy343さんがつけたタグ

ツイートする