眠れないほど面白い 空海の生涯: 1200年前の巨人の日常が甦る! (王様文庫)

3.22
  • (1)
  • (9)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 133
レビュー : 9
著者 :
hy343さん 伝記   読み終わった 

空海、その誕生から死までをやや小説仕立てで描く。空海の出自や遣唐使の雰囲気などは面白かったけど、空前の天才っぷりやカリスマ性の描写みたいな部分はあまりなくて、「眠れなくなるほど面白い」というほどではなかった。

伝説や想像の部分は極力排して生涯を追った、とあるけれど、のっけから架空の人物(空海に留学を勧めた「ある沙門」を女性に見立てた)が配されていたりして、いいのかなあ、と思う。

「それによると--」など、かなり頻繁に出て来る決まり文句を始め、文体もイヤだった。

レビュー投稿日
2019年8月19日
読了日
2019年7月31日
本棚登録日
2019年7月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『眠れないほど面白い 空海の生涯: 120...』のレビューをもっとみる

『眠れないほど面白い 空海の生涯: 1200年前の巨人の日常が甦る! (王様文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『眠れないほど面白い 空海の生涯: 1200年前の巨人の日常が甦る! (王様文庫)』にhy343さんがつけたタグ

由良弥生の作品一覧

由良弥生の作品ランキング・新刊情報

ツイートする