電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

3.71
  • (175)
  • (384)
  • (309)
  • (50)
  • (13)
本棚登録 : 2471
レビュー : 415
著者 :
hy343さん 社会   読み終わった 

“電子書籍”が普及して紙の本がなくなるかと言えば、答えはNOでありYESである。。。

人間には手触りが必要である、移ろいやすい電子ではなくまとまったブツと思考が必要である、本屋での逍遙が必要である、あれどっかにあったよなと本棚を、あるいはページを繰って探し回る無駄な時間が必要である…

などと、私ら紙の本体験がある世代は思い、NOと答えるだろう。そして私らの目が黒い間、紙の本がなくなることはない。

だがしかし。

生まれた時からタブレットPCしか触ったことがなく、完全にその世界に最適化された“本”とその読み方しか知らない世代は、当然ながらYESと…いやそうとさえ言わないのではないか。紙の本? なにそれ美味しいの?

「本を検索エンジンだけで探すようになるとたこつぼ化する」とか「本がバラバラにされて消費されるようになってしまう」と“本”の行く末を危惧する向きがあるそうだが、そういう心配はまったく無意味ではないだろうか。ツールが変わり、世界観が変わり、ニーズが変わり、生活体験が変われば、そこには世代間の断絶だけがあり、「幼年期の終わり」があるのみだ。

どっちにしても、いずれ出版文化の衰退とか業界・団体の沈降は(TVや新聞、その他既存の権威と軌を一にして)否応なく襲って来るのであり、ワシらの世代の知ったことではない。

レビュー投稿日
2019年6月13日
読了日
2010年7月22日
本棚登録日
2010年7月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)』のレビューをもっとみる

『電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)』にhy343さんがつけたタグ

ツイートする