ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲

4.31
  • (1666)
  • (1653)
  • (420)
  • (30)
  • (5)
本棚登録 : 8581
レビュー : 1274
著者 :
hypnosisさん 一般文芸   読み終わった 

持ち歩きの都合上単行本は極力買い控えていましたが―――文庫化まで待てない!!!!
序盤から一発触発のバトルモード全開で貪る様に一気に読みきりました。
前作の人事で東京中央銀行子会社、東京セントラル証券に出向の半沢直紀。そして今度は古巣の銀行相手に真っ向勝負!
最終章の取締役会での半沢の完膚無き迄叩き潰す場面は、爽快過ぎて身震いする程シビれました!
働くとは何か?シリーズ中で1番メッセージ性が強いんじゃないかな。
私自身も就職氷河期就活組のロスジェネど真ん中世代。上司や先輩にバブル当時の豪遊伝を聞く度に、生まれた年代を恨んだりもしました。
不満や愚痴を口にするだけじゃ何も変わらないんだよね…。
半沢直紀、回を重ねる毎に好きになってしまう♡こういう人が政治のトップになればいいのに…
池井戸潤他作品をもっと読んでみたいと思いました。

レビュー投稿日
2013年8月5日
読了日
2013年8月5日
本棚登録日
2013年8月1日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲』のレビューをもっとみる

『ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲』にhypnosisさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする