新選組 組長・斎藤一

3.31
  • (1)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 13
著者 :
hypnosisさん 新選組   読み終わった 

藤堂平助の流れで読みかけたままにしていた斎籐一を再読。
中断していた理由は、斎籐はまだ亡くなって満100年、若くして命を落とした隊士に比べれば子孫や縁者の記述の信憑性は高い。
本書では以前の史記や小説に描かれた斎籐の逸話を抜粋し、斎籐の縁故深い人物の取材や参考文献を元に反故にしていくスタイル。
好きこそ故、真実を追及したい気持ちは私にもあるけど遠回しに「脚色されたもの」とばっさり斬られている様で、イメージ像も大事にしたい私には違和感を覚えたから。
膨大な資料も出元が不透明なものもあるようで鵜呑みにするのも危険?

昨年会津に旅行の折、斎籐一改め藤田五郎の眠る阿弥陀寺を訪れました。
無口で質素を好んだとされる斎籐の墓石の前に、手を合わせ空を仰げばその一画だけ燃えるような紅葉が鮮やかにそして静かに葉を散らし、それがやたら泣けてきて誰も居ないのをいい事に、暫く佇んでいました。
史実がどうであろうと斎籐一が今尚、愛され続けている事は紛れもない事実。
私も参考資料として認識したいと思います。

レビュー投稿日
2013年5月8日
読了日
2013年5月8日
本棚登録日
2012年9月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新選組 組長・斎藤一』のレビューをもっとみる

『新選組 組長・斎藤一』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする