時の罠 (文春文庫)

3.30
  • (29)
  • (165)
  • (304)
  • (44)
  • (6)
本棚登録 : 1684
レビュー : 215
片山るんさん 新刊   読み終わった 

タイムカプセルで始まり、タイムカプセルで終わるという構成が面白かった。
辻村深月さんの「タイムカプセルの八年」では、何よりも主人公の男性の造形が興味深かった。父親となっても子どもに関心のない男性の内面って、こんなふうなのか、と、とても新鮮な感じがした。考えてみれば、昭和の男性作家が描く男性はみなこんな感じだったのだが、今の時代に、女性作家によって描かれるととても新鮮で、かつ、許しがたい感じが強くなる。主人公の変化が救いだった。
万城目学さんの「トシ&シュン」は、もう、万城目ワールド全開でとても楽しかった。
米澤穂信さんの「下津山縁起」は、小松左京さんの作品を彷彿とさせるような、スケールの大きい話だった。
ラストの湊かなえさんの「長井優介へ」は、相変わらずダークな展開だなあと思いながら読んでいったのだが、ラストで思わず安堵の溜息が出た。
やっぱりラストには救いが欲しいよな、と再認識。

どれもみな、読み応えのある作品だった。

レビュー投稿日
2014年7月12日
読了日
2014年7月11日
本棚登録日
2014年7月12日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『時の罠 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『時の罠 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『時の罠 (文春文庫)』に片山るんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする