限界芸術論 (ちくま学芸文庫)

3.78
  • (13)
  • (7)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 251
レビュー : 9
著者 :
はもさん 日本   読み終わった 

つまみ読みした。(読んだの1/3くらい)それでも うん、だいぶ得るものがある。
初めて、文庫本に線を引くということをしてみた。こういう衝動に駆られたのは岡本太郎以来。
芸術はどうあるべきか?何回か出てきた「変革」ということば。
美しいものに向かってなにかを変えなくてはならない!
別にあたしはゲージツ家になりたいわけじゃないけれど、次に読むべきは「農民芸術概論」だな。

レビュー投稿日
2009年10月16日
読了日
2009年10月16日
本棚登録日
2009年10月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『限界芸術論 (ちくま学芸文庫)』のレビューをもっとみる

『限界芸術論 (ちくま学芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする