邪魔(上) (講談社文庫)

3.52
  • (195)
  • (489)
  • (731)
  • (68)
  • (13)
本棚登録 : 3587
レビュー : 336
著者 :
ichigosambaさん 奥様、waltzをもう一度   読み終わった 

*及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供2人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴1年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作*

夫を放火魔と疑う平凡な主婦、妻を喪い精神安定剤を服用する刑事、虚勢を張った不良高校生、の三本柱でストーリーが展開するため、全く飽きることなくぐいぐい引き込まれる。それぞれの不安定さや心の隙間にするりと入り込んでしまう闇の深さがどこまで行くのか…下巻が早く読みたくて気が焦るほど。頁をめくる手が止まりません。

レビュー投稿日
2018年4月26日
読了日
2018年4月26日
本棚登録日
2018年4月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『邪魔(上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『邪魔(上) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする