静かな炎天 (文春文庫)

3.66
  • (50)
  • (131)
  • (116)
  • (17)
  • (2)
本棚登録 : 1023
レビュー : 144
著者 :
ichigosambaさん Bossanovaはいかが?   読み終わった 

*ひき逃げで息子に重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く(「静かな炎天」)。イブのイベントの目玉である初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日(「聖夜プラス1」)。タフで不運な女探偵・葉村晶の魅力満載の短編集*

このシリーズ、大好きです!主人公のキャラがきっちり確立されているので、物語が無理なくさくさく進むところがいい。人の持つ毒をさらりと織り込むところも。短編集なれど設定が凝っているので、一つ一つじっくり読むことをお勧めします。

レビュー投稿日
2018年8月23日
読了日
2018年8月23日
本棚登録日
2018年8月23日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『静かな炎天 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『静かな炎天 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする