情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)

3.73
  • (18)
  • (71)
  • (49)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 448
レビュー : 72
著者 :
ichigosambaさん Bossanovaはいかが?   読み終わった 

*“ねこみち横丁”振興会の管理人をしながら脚本家を目指す宇藤輝良は、コンクールに応募するためのシナリオを書き上げたものの、悩んでいることがあって…。両親の離婚で離れて暮らす兄弟、一人息子を育てるシングルマザー、劇団仲間に才能の差を感じ始めた男―人生の分岐点に立った人々が集う「BAR追分」。客たちの心も胃袋もぐっと掴んで離さない癒しの酒場に、あなたも立ち寄ってみませんか?大人気シリーズ第三弾*

前作同様、モモちゃんのお料理描写が上手過ぎて、それだけで★4です!ソーセージとバジルソースを添えたパンケーキ、焼きそばやアジフライのクレープ、迷って選べない2種のランチを臨機応変に合体…こんなお店があったら、毎日通っちゃいます!
ただ、肝心のストーリーの方は…うーん、なぜかどの主要人物にも共感出来ないまま、ここまで来てしまっています。甘くて痛々しい悩める若者たちがリアル過ぎるのかな?良く出来たストーリーだとは思うのですが。特に蜜柑の子。ノルウェイの森スパイスもよく効いてたし。次作、入り込める展開に期待です。

レビュー投稿日
2017年11月1日
読了日
2017年11月1日
本棚登録日
2017年11月1日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文...』のレビューをもっとみる

『情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする