宣長学講義

著者 :
  • 岩波書店 (2006年11月28日発売)
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
感想 : 2
3

「敷島の大和心を人とはば朝日ににほふ山桜花」という宣長の歌は有名すぎるほど有名だが、彼の思想についてはまったく知らなかったため、本書を読んでみた。漢文で書かれた古事記などの古文書から大和言葉を探索し、本来大和民族が持っていた文化、思想を再発掘した人であることが分かった。これにより明治から昭和初期にかけての思想統制社会の精神的支柱となって行ったことが理解できたが、浅学の私には理解しかねる原文が多く、もっとちゃんと教えてよといいたくなることも多々あった。 日本古典の読解力に自信があり、かつ宣長を知らない人におすすめしたい本である。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年10月23日
読了日 : 2008年6月26日
本棚登録日 : 2018年10月23日

みんなの感想をみる

ツイートする