読書状況 読み終わった [2019年3月10日]

これほど怖い話はあるまい。

2019年3月15日

読書状況 読み終わった [2019年3月15日]

読書状況 読み終わった [2018年12月3日]

それを知ろうとしてはならないことがある。それでも、それを知ろうとすれば・・・、という話。

2018年11月29日

読書状況 読み終わった [2018年11月29日]

うーん、なんとも。

2019年1月28日

読書状況 読み終わった [2019年1月28日]

奴隷の幸福の話。

2018年11月5日

読書状況 読み終わった [2018年11月5日]
読書状況 読み終わった [2019年3月20日]

人が持っているものは、自分がその価値を認めなくともほしくなるものである。が、それが手に入ると、それは、自分にとっての価値がないものだったと気づくのである。

2018年12月3日

読書状況 読み終わった [2018年12月3日]

世の中には、いろいろな夫婦の形がある。浮気=離婚などという料簡の狭い人にはそれを理解することはできないだろう。

2018年11月4日

読書状況 読み終わった [2018年11月4日]
読書状況 読み終わった [2019年3月18日]

中島敦のレベルから考えると凡庸な作品だと思う。

2019年1月18日

読書状況 読み終わった [2019年1月18日]

微妙な感じの回帰禄。

2018年11月1日

読書状況 読み終わった [2018年11月1日]

読書状況 読み終わった [2018年11月29日]

西遊記、沙悟浄が主人公。彼が世に出ようとしていろいろな先人に知恵を授かろうと行動するが。

2018年11月7日

読書状況 読み終わった [2018年11月7日]

西遊記の沙悟浄の手記。中島視点が楽しめる。

2018年11月6日

読書状況 読み終わった [2018年11月6日]

文字に祟られたというべき人の物語。

2018年12月1日

読書状況 読み終わった [2018年12月1日]

日本三大豪傑の一人の壮絶な仇討物語。当然、フィクションに決まっているが、己の目的のためだけに生きるという外連のなさには心打たれる。

2018年11月14日

読書状況 読み終わった [2018年11月14日]

ねずみ小僧とは、こんなお話だったのか。

2018年11月17日

読書状況 読み終わった [2018年11月17日]

町火消が主人公。この本によるとこの時代の町火消とやくざには大した違いがなく、そのような人たちの見栄を大切にする生き様は、意外なほど爽快。

2018年11月11日

読書状況 読み終わった [2018年11月11日]

kindleは読み終わったというが、まったく記憶ない。私にとってはその程度の話だったのだろう。

2018年11月8日

読書状況 読み終わった [2018年11月8日]

人が持つ鬱屈した暗い部分を際立たせる中島らしい作品。

2019年1月4日

読書状況 読み終わった [2019年1月4日]

重要なことを人に依存して生きることの怖さが身に染みるなんとも後味の悪い物語。外部業者に仕事を丸っと発注することだけが自信の仕事になっているビジネスパーソンにお勧めしたい。

2018年11月8日

読書状況 読み終わった [2018年11月8日]

「牛人」となじような印象。

2018年11月29日

読書状況 読み終わった [2018年11月29日]

読書状況 読み終わった [2018年11月30日]
ツイートする