タネはどうなる?!~種子法廃止と種苗法運用で

4.00
  • (5)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 10
著者 :
なーさん 2018/11   読み終わった 

2018年4月の種子法廃止。都道府県で種子を管理してたって知らなかった。種子の状態で保存すると劣化するから、毎年植えて育てて採取してたんだって!
平成の米騒動…?1993年の冷夏と言われても…そんな年もあったかなあ…くらいにしか思い出せないが、タイ米の輸入って言われれば、確かにあったわ、そういう年!
(冷害に弱いササニシキに冷害に強いひとめぼれが取って代わった訳ね)
いかに自分の食を守備範囲外にしていたか…反省反省。
ところで「ほ場」は「圃場」。常用外漢字ってか。田畑じゃダメなのか?
アグロ産業の大手を目の敵にし過ぎな感はあるが、元・農相としてはそうかもな。
森友問題とかで紛糾してたのも、この審議から目をそらす為だったのか?って勘繰ってしまう。

レビュー投稿日
2018年11月26日
読了日
2018年11月27日
本棚登録日
2018年11月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『タネはどうなる?!~種子法廃止と種苗法運...』のレビューをもっとみる

『タネはどうなる?!~種子法廃止と種苗法運用で』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『タネはどうなる?!~種子法廃止と種苗法運用で』になーさんがつけたタグ

ツイートする