社会をつくる「物語」の力 学者と作家の創造的対話 (光文社新書)

4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :4
iculibさん 新着図書つぶやき2018   未設定

【新着図書ピックアップ!】目次を見て、「法律SF」というフレーズがまず目に飛び込んできた。何じゃコリャ、と思ったが、そうこれは憲法学者と作家の対談集なのであった。すると、一般教育科目の「憲法」を担当する講師の先生がSFを推薦図書にあげていたのを思い出した。
そうか、法学とSFには共通点があったのだ、と目からウロコが落ちる思いでした。架空の法律で動く世界を想像して議論することと、空想科学小説は似ているのかもしれない。対談で取り上げられるのは、人工知能やデモクラシー、憲法からはては指輪物語にまで及ぶ。
リベラルアーツの参考図書みたいな本だ。

[New Book!] This book is very motivated for those who are considering his/her major would be Legal studies.

レビュー投稿日
2018年5月12日
本棚登録日
2018年5月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『社会をつくる「物語」の力 学者と作家の創...』のレビューをもっとみる

『社会をつくる「物語」の力 学者と作家の創造的対話 (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

新城カズマの作品一覧

新城カズマの作品ランキング・新刊情報

ツイートする