WORK DESIGN(ワークデザイン):行動経済学でジェンダー格差を克服する

4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 4
制作 : 大竹 文雄(解説)  池村 千秋 
iculibさん 新着図書つぶやき2018   未設定

【新着図書ピックアップ!】「ダイバーシティ」とか、「働き方改革」とか、働く上での男女格差や性差については、議論されていることだけど、この本ではジェンダー・バイアスを踏まえて、性差による働く上での不平等を解決する方法を行動経済学によって導いていく。公共政策学メジャーのアナタ、是非!

[New Book!] You will find this book makes you think gender bias and equality.Translation of Iris Bonnet "What Works:Gender equality by Design"

レビュー投稿日
2018年7月21日
本棚登録日
2018年7月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『WORK DESIGN(ワークデザイン)...』のレビューをもっとみる

『WORK DESIGN(ワークデザイン):行動経済学でジェンダー格差を克服する』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする