ライフワークの思想 (ちくま文庫)

3.27
  • (10)
  • (32)
  • (69)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 492
レビュー : 38
著者 :
ひゅうさん  未設定  読み終わった 

外山氏の本は二冊目。思考の整理術を読んで以来。
この本は、タイトルと若干のズレがあるように思うのと、構成がイマイチわかりづらいのが難点ではあるものの、平易な言葉で深い深い考察が書かれているので、戦前生まれの知性に触れるにはとてもよい本だと思います。外山氏が一貫して主張することがこの本にも書かれている。
あと、同じ島国の大国であるイギリスについての考察が、突如として現れるのも面白い。
東浩紀さんが動物化するポストモダンで書いてた、大きな物語から、データベースの切り売りへ、という考え方のベースがこの本にも意外にも語られているので、触れてみてもよいかも。

レビュー投稿日
2014年11月27日
読了日
2014年11月27日
本棚登録日
2014年11月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ライフワークの思想 (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

ツイートする