痴漢冤罪の恐怖―「疑わしきは有罪」なのか? (生活人新書)

3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
著者 :
いいしさん 法律   読み終わった 

痴漢で捕まったらもう諦めるしかない。
どんな反証も男の言い訳。
警察官も裁判官も全面的に女性の証言を信じます。
痴漢冤罪は女にはビジネスになります。示談金200万くらい得られるなら十分やっていけます。必要なものは矛盾が出ない程度の演技力と金がありそうな男。

レビュー投稿日
2009年7月15日
読了日
2009年7月15日
本棚登録日
2009年7月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『痴漢冤罪の恐怖―「疑わしきは有罪」なのか...』のレビューをもっとみる

『痴漢冤罪の恐怖―「疑わしきは有罪」なのか? (生活人新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする