潮鳴り

3.85
  • (34)
  • (50)
  • (39)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 299
レビュー : 43
著者 :
彩海本さん  未設定  読み終わった 

泣けた。かなり泣けた。っていうかラストのどんでん返しのこのこのこのこの妙見院様と周りの側女たちの静かなる仕返しの怖いこと怖いこと。

スッキリ。

時代小説は読みづらいし時代背景わからないと面白くないもの多いんだけど、時代小説だからこそ楽しすぎるこの上下関係のどうしようもない序列を巧妙に使っていくやりとり。

そこで絡んでくるのが、女の立ち位置ねぇ。笑笑

これが微妙にうまいこと頭がどうしても上がらない妙見院様のような立場は下だけど、この人の言うこと聞かないわけには行かないという女の立場がうまーくうまーいこと絡んでくんのがたまらん。

とにかく泣けたし、スッキリする。そんでもって、葉室麟の本で一番面白かった。時代版、半沢直樹って感じです。

レビュー投稿日
2018年9月9日
読了日
2018年9月9日
本棚登録日
2018年9月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『潮鳴り』のレビューをもっとみる

『潮鳴り』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする