贖罪 (双葉文庫)

3.60
  • (413)
  • (1321)
  • (1204)
  • (194)
  • (31)
本棚登録 : 9979
レビュー : 965
著者 :
彩海本さん  未設定  読み終わった 

うわぁ。すごぃな。と、思わさせられました。
湊かなえのそれぞれの人間たちの立場からの視点の描き方がすごい。

被害者、加害者、被害者遺族くらいまでは割とどんな本でも描くことはあるけど、現場に居合わせた女の子たち4人の心情や、その後の心の移り変わりなど。

こんな風にそれぞれがそれぞれの思惑の中にいた。という一つの事実は、事件云々と関係なくそれぞれの人生に影響を受けるんだな。と。

同じ記憶が見つめる人間が違うだけで、こうも左右する。ということ。自分に置き換えると、娘の視点も去ることながら、身近にいる人間たちそれぞれにそういう視点がある。ということに改めて気がつかされました。

そして、湊かなえのそうまでして登場人物全てへの生き方、思い、考え、思考を表現しきるところに、事件以上の衝撃があります。

一章づつ小分けにして、それぞれの心情が吐露されるその瞬間に、ゾクゾクさせられる一冊です!!!!!!!!

上手い!!!!

レビュー投稿日
2017年3月2日
読了日
2017年3月2日
本棚登録日
2017年3月2日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『贖罪 (双葉文庫)』のレビューをもっとみる

『贖罪 (双葉文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする