モームの文章は流麗で、読ませる。個人的にはこの作品に登場する語学(フランス語)講師の描写が好きだ。 よれよれの服を着た、風変わりな冴えない男。ただ、憎めない何かがある。

生きる意味とは何だろうか?主人公フィリップは詩人のクロンショーからペルシア絨毯をもらい、人生の意味を暗示される。結局人生の意味などないかもしれないが、素晴らしい経験も辛い経験も、喜びも苦しみも、全てその絨毯の豊かなデザインになっていくのだと悟る。

心に残る一節である。この長い小説を原文で読み終えた時の達成感は未だに忘れられない。とにかく、モームの文章に魅せられた。

ネタバレ
読書状況 読み終わった
タグ

SOASで学んでいた時、Chinua Achebeを知った。ナイジェリアのイボ人作家で、アフリカ文学の父と呼ばれている。ナイジェリアではハウサ、ヨルバ、イボが三大民族(もちろん、他にも様々な民族がおり、その数は250以上)とされている。それだけ取ってもナイジェリアが多様性に満ちていることがわかる。もちろん、「アフリカ」を一括りにすることなどできない。邦題は『崩れゆく絆』。アメリカで起こっていることを少しでも俯瞰して捉えられるよう、James Baldwin、Toni Morrison、Malcolm Xを読み始めた。この機会にアチェベも再読しよう。

866ページ、長編ついに読了。

Paul Austerは大学のゼミで扱ったぐらい好きな作家で、ほぼ全作品読んでいる。彼の魅力は何と言ってもその文体であろう。音読するとそのリズムの良さが際立つ。今回の作品は途中で挫折しかけたこともあるが、2年前ぐらいから少しずつ読み進めてきた。小説を読むときには作品のプロットというよりも文章そのものに惹かれてしまう傾向がある。

英語にはwordsmithという言葉があるが、彼にぴったりの形容だと思う。彼こそ言葉の職人である。

2020年6月9日

読書状況 読み終わった [2020年6月9日]

ポストコロニアリズム理論の古典であり必読書。

2020年6月7日

読書状況 読み終わった [2020年6月7日]
タグ

1920年代のパリを知りたいのならこの本しかないだろう。27の時に1年間パリにいた。ヘミングウェイが言う通り、今でもパリは自分の中に留まり続けている。

2020年6月6日

読書状況 読み終わった [2020年6月6日]
ツイートする