タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)

3.65
  • (187)
  • (156)
  • (374)
  • (18)
  • (14)
本棚登録 : 1554
レビュー : 205
制作 : 浅倉 久志 
いけみんさん  未設定  読み終わった 

マラカイ・コンスタントと共に、ジェットコースターのように、太陽系を駆け巡る。小さな可笑しみの連続。ずっと背景に漂っている、大きな悲しみ。
人間とは?機械とは?人間らしさとは?友情とは?愛とは?
それを考え始めて、考え続けるのが、人間なのでは?
私たちに誇れるものが、大切なものがあるとすれば、この小説のラストシーンのような、なんでもない、ふとした美しさだろうな、と感じた。

神様のいるひとと、いないひとでは、感じるものは違うだろうと思う。

レビュー投稿日
2014年2月16日
読了日
2014年2月16日
本棚登録日
2014年2月16日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 2...』のレビューをもっとみる

『タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする