横道世之介 (文春文庫)

4.08
  • (599)
  • (699)
  • (346)
  • (50)
  • (7)
本棚登録 : 4468
レビュー : 577
著者 :
いけみんさん  未設定  読み終わった 



“結局自分はこれまで誰も傷つけたことはないんだな、と早速結論づけようとした時、ふと横を歩く祥子が目に入った。
ああ、そうか、と世之介は思う。誰かを傷つけたことがないんじゃなくて、傷つけるほど誰かに近づいたことがなかったんだと”

上京した18歳の世之介の一年と、世之介が出会った人々のその後の人生とが織り交ぜて描かれる。その辺の映像の移り変わりが、描写として全く違和感無くてすごいやと思う。吉田修一作品がたくさん映像化されるのはそういう面もあるのかなあ。
大抵、社会人の手前で、育った家庭の中で造られた価値観が一応は完成して、なんだか世の中を知ったような気になるんだけど、でも世界はまだまだ広くて、自分が知らない絶望も幸せも、もしかしたら、まだまだたくさんあるのかもしれない……みたいなことに気付きだす年頃っていうか、新たな船出っていうか、蛙が井戸から大海に漕ぎ出す感じっていうか、そんなのを世之介と追体験できる感じ。生きてることに良いも悪いもないよねって気分になれる。
何か起きたらその都度、丸腰の自分をぶつけるしかない。コテコテに武装してしまうのはつまらないなと、世之介を見てると思う。
吉田修一の文体の日常感みたいなのが大好きで、最近たくさん読む。

レビュー投稿日
2018年4月30日
読了日
2018年4月30日
本棚登録日
2018年4月30日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『横道世之介 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『横道世之介 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする