妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻 (角川書店単行本)

3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
著者 :
かいこさん ノンフィクション   読み終わった 

戦後68年経った今、34歳のぼくが戦争体験記や日記など主観的なものを目にしても、精神的な部分の想像と現実には大きな隔たりがあることは認めざるをえません。

現代において、特攻隊の心理を想像する上で共通点を探れば年齢でしかありませんが、ハタチ前後のぼくにそれを考えられる余地はありませんでした。

「永遠のゼロ」(太田出版、百田尚樹)はフィクションですが、本書はノンフィクションであるが故のリアリティを感じました。

レビュー投稿日
2013年8月20日
読了日
2013年8月20日
本棚登録日
2013年8月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の...』のレビューをもっとみる

『妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻 (角川書店単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする