働く女子の運命 ((文春新書))

3.70
  • (11)
  • (27)
  • (17)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 323
レビュー : 25
著者 :
2nd Hornさん 社会   読み終わった 

本書は女性・職場・社会との連関を、近現代史、特に法令・政策の観点でまとめられている。自分自身は均等法施行後に就職したことと業界の関係もあり、日々の仕事の中でジェンダーギャップをこれまで感じる機会はほとんどなかった。しかしそれは、社会一般から見ればかなりレアな例だということが一読してわかった。そうした背景もあり、女性と労働のレリバンスは課題意識になかった。本書では女性にまつわる現行の制度が先人たち(特に女性)の労苦の上に成立していることが、史的に説明されている。まだまだ問題が山積している現代社会に、こうした諸問題に取り組める人材が、各所で求められる。とすれば大学教育が果たせる役割はまだまだ大きい。

本書の題名がやや本文と距離感がある。やはり編集部側の意向なのだろう。

レビュー投稿日
2018年2月4日
読了日
2018年2月4日
本棚登録日
2018年2月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『働く女子の運命 ((文春新書))』のレビューをもっとみる

『働く女子の運命 ((文春新書))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする