トランス・サイエンスの時代―科学技術と社会をつなぐ (NTT出版ライブラリーレゾナント)

3.81
  • (8)
  • (11)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 148
レビュー : 13
著者 :
2nd Hornさん 科学技術政策   読み終わった 

紹介されているトランス・サイエンスの具体的な事例より、筆者が依拠している理論や概念に興味を持って読んだ。社会の中の科学技術は、科学技術と社会の領域が重なる部分を分析の対象していると解した。筆者は「科学技術のシビリアン・コントロール」(p.12)という言葉でその視座を設定している。これら二つの単語の守備範囲は今日では極めて広く、ゆえに利害関係に基づく様々な解釈や行動に発展し交錯する。本書ではそうした事象をルポ的に取り上げている。

発刊から9年が経ち、示された事例が必ずしも定着するケースばかりでないことを感じた。例えば、サイエンスショップは一般に理解が得られずに、いつの間にか誰も語ったり企てたりすることがなくなった印象を持っている。他方サイエンスカフェはそれなりに根付いたといえるかもしれない。(例: http://www.scj.go.jp/ja/event/cafe.html )また、1章で紹介されている科学技術コミュニケーションに関連する大学・大学院のプログラムも、補助金の交付期間が終わり、当時の華々しさは感じられない。伝統的な科学史・科学哲学の講座を持っていた(いる)体力的に余裕のある大学で、当該プログラムに相当する啓蒙活動が続いているに留まっているのではないか。科学技術コミュニケーションの主たる実践の舞台は初等中等教育機関における理科教育の場であり、多くの高等教育機関では若干の関連講義科目の開設に留まったままのように思う。以上は私の印象だ。

しかし、そうした現況であっても、筆者が主張する科学技術コミュニケーションや、科学技術のシビリアンコントロールの必要性は変わりない。むしろ重要性は高まる一方だということに異論はないだろう。今日読んでみると、もっと公共的に議論と実践がなされるべきだったのではないかと思われる事例が一つあった。それは、原発の安全装置がすべて同時に故障したときの課題である。(もちろん、本書は東日本大震災・原発事故前に著された。)著者はワインバーグの論を引き、原発とトランス・サイエンスを説明している。(関連記事 https://www.chart.co.jp/subject/rika/scnet/44/Snet44-column.pdf )リスクと安全性の担保の兼ね合いが「工学的判断」という「現場感覚」で処理されていることを、現代に生きる私たちは痛感した。全人間はこのことを永久に肝に銘じなければならないのである。ゆえに科学技術の啓蒙は所用のコストを払い、社会においてシステムとして持続されるべきものだといえよう。

なお、筆者はスノーの『2つの文化と科学革命』を比較的多く引用し説明を補強している。積読状態の同書を早めに読みたくなった。

補足:欠如モデル
http://elekitel.jp/elekitel/special/2013/21/sp_02_c.htm

レビュー投稿日
2016年6月25日
読了日
2016年6月25日
本棚登録日
2016年6月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『トランス・サイエンスの時代―科学技術と社...』のレビューをもっとみる

『トランス・サイエンスの時代―科学技術と社会をつなぐ (NTT出版ライブラリーレゾナント)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする