ゴールデンスランバー (新潮文庫)

4.11
  • (2571)
  • (2720)
  • (1295)
  • (196)
  • (46)
本棚登録 : 22626
レビュー : 1706
著者 :
ikuさん はらはらじんわり   読み終わった 

伊坂幸太郎初めて読みました。とっても面白かった!はまってしまう予感です。

国家的な何かによって、首相暗殺犯に仕立て上げられてしまった青柳雅春の逃亡の物語。
その過程で人が殺されたり、警察による暴力があったり、決して穏やかではないストーリー展開の中、彼の無実を信じて逃亡を助ける面々が、なんともなんとも飄々としていて、でも暖かいんです。
最後はじわっと来ました。これは信頼の物語かな。

登場人物の名前が一貫してフルネームで書かれ、また、短い会話の連続のとき、言葉の長さをきれいに揃えて鍵かっこが一直線に並ぶのは、伊坂さんの特徴なのか…、次の作品で確認します(笑)

レビュー投稿日
2013年8月14日
読了日
2013年8月14日
本棚登録日
2013年6月22日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ゴールデンスランバー (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする