当事者主権 (岩波新書 新赤版 (860))

3.61
  • (16)
  • (23)
  • (47)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 309
レビュー : 25
すたさん ケア・医療   読み終わった 

高齢者の介護及び障碍者の介助についてを中心にして、自己決定能力が欠けていると(社会的には)みなされることの多い「当事者」たちに、「主権」―すなわち「自分の身体と精神に対する誰からも侵されない自己統治権、自己決定権」―を奪還させよう(そのために社会・制度を再設計しよう)という訴えをしている。

高齢者・障碍者を対象にして論じるとわかりやすいし全くそのとおりなのだが、これを、一般的な社会的弱者にまで拡張しようとすると少し問題は複雑になるだろうとは思った。
しかし全体的な主張としては、「基本的に誰でも自己決定はしているし、できる」という考え方(周囲の人の「コミュニケ―ション能力」という認識を含む。)や、第三者としての「専門家」(及びパターナリズム)についての論考など、大いに納得・賛同した。

※蛇足)
例えばまちづくりにまでこれを拡張しようとした場合、「誰が当事者なのか」という問題の他にも、いくつかの論点がうまれると思う。つまり、専門家(あるいは「ケアマネジャー」のような役割)の存在意義として、
①複雑な仕組み(法制度)を使いこなすための補助(著者の一人である上野が「ケアマネジャーの役割として考えているもの)、
②「個人の身体・精神」以外を調整すること(つまり、肉体的・時間的(世代間的)外部性の考慮)、
があると考える。
いずれにしろ、「客観性」のあるべき姿を問われる機会に本書がなったのも事実。より深く広い「主観」の積み重ねこそが客観、ということか。

レビュー投稿日
2015年1月5日
読了日
2005年1月
本棚登録日
2014年12月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『当事者主権 (岩波新書 新赤版 (860...』のレビューをもっとみる

『当事者主権 (岩波新書 新赤版 (860))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『当事者主権 (岩波新書 新赤版 (860))』にすたさんがつけたタグ

ツイートする