For Everest ちょっと世界のてっぺんまで

4.05
  • (14)
  • (18)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 159
レビュー : 18
著者 :
すずたかさん 随筆・紀行文・小説   読み終わった 

横浜での著書石川の個展「New Map」と、ワタリウムでの奈良美智さんとの展覧会に触発されて、前から気になっていた本書を手に取った。

登山記録、かつ元々はブログ向けの文章であるので、きわめて淡々とした記録。だけれど、ところどころに、環境の過酷さを窺えたり、周囲の人々への敬意や感謝が込められていたり、そして何より感情の起伏が読み取れたりするのが面白い。
『全ての装備を知恵に置き換えること』も好きだったが、そちらは言わば"論理の石川"、本書は"感情の石川"。本書の方が飾らない感じ。

旅は非日常ではない、と言い放つ石川がカッコいい。
また淡々とした中でも「なぜ峰に登るのか」と自問し、それに答えている終盤の記述にもグッと来た。
新たな世界に、そして新たな自分自身に出会うため。
あるいは「意識的に生きる」環境を好むため、といったところか。

最小限という装備を写真入りで紹介するカラーページも魅力的。
旅に誘う一冊。

レビュー投稿日
2015年2月16日
読了日
2015年2月
本棚登録日
2015年2月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『For Everest ちょっと世界のて...』のレビューをもっとみる

『For Everest ちょっと世界のてっぺんまで』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『For Everest ちょっと世界のてっぺんまで』にすずたかさんがつけたタグ

ツイートする