コミック 冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫 つ 28-14)

  • 講談社 (2012年9月14日発売)
3.44
  • (11)
  • (28)
  • (37)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 364
感想 : 16
4

ホラー的な描写の仕方が少し強く感じた。
その分、ほっとするシーンでは気持ちが楽になった。

大切な友人の嫉妬によりパニック障害を引き起こした深月のために、友達が団結し助け合う。
深月に対して高野がいう言葉。「苦しんではいずりまわって生きゆく・・・人間なんてそんなもんだ。ただーその苦しみを俺にもw変えてくれ。お前の悲しみを俺たちにも話してくれ。俺たちは仲間だ」というセリフに泣いた。
強かったけど、いい作品だった。
小説はどんな感じなんだろう?

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2015年1月11日
読了日 : 2015年1月11日
本棚登録日 : 2015年1月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする