絶叫委員会 (ちくま文庫)

4.03
  • (78)
  • (115)
  • (58)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 882
レビュー : 111
著者 :
matsubaraさん エッセイ   読み終わった 

おもしろい!!
笑った。。

何気ない言葉に秘められた威力、というか、今まで自分がいかに日常への注意が足りなかったのか、ということに気付かされた。

穂村さんの本、初めて読了。
知らなかったけど、詩もお書きになるんですね。

ぜひ詩集も読んでみたい。
もっというと自分でも詩を書いてみたい。
それと、グッとくる一言、とか、「うーん、キュート!」って思わず唸る言葉、私もスクラップしたいな。

この本読んでる間、電車の中や、歩きながら、何度笑いが漏れてしまったことか。。
でも、いちばん衝撃波が強すぎて、私語禁止の喫茶店で過呼吸になりかけたのは、あとがきの南伸坊さんからの、ゾウの感想の引用。

レビュー投稿日
2015年7月12日
読了日
2015年7月12日
本棚登録日
2015年7月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『絶叫委員会 (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『絶叫委員会 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする