一房の葡萄 (280円文庫)

3.74
  • (11)
  • (13)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 18
著者 :
imemuyさん 書籍   読み終わった 

片っ端から、道徳の教科書に載ってそうだな、と思った。子供の心の動きや考え方が出て良い。妹の話、弟の話、ばあや、ポチ。
最後の小さき者へは、母親を亡くして4人を男手で育てることになった、喪失感と、子供の不憫さを思う気持ちがよく出ている。
280円文庫、初めてみたけどきになる。

レビュー投稿日
2018年3月17日
読了日
2018年3月14日
本棚登録日
2018年3月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『一房の葡萄 (280円文庫)』のレビューをもっとみる

『一房の葡萄 (280円文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする