のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝島社文庫 C い 6-2)

4.04
  • (80)
  • (82)
  • (59)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 597
レビュー : 62
著者 :
imemuyさん 書籍   読み終わった 

伊集院光さんのエッセイ第二弾。テレビのクイズ番組で見るだけの人だったけど、憎めないやんちゃな子ども時代の話、苦労の落語時代の話、ほのぼのした家庭の話、身近な荒川区出身で(しかも多分西尾久)あることも相まって一気に親近感が湧いた。
話によって当たり外れがない、短いのにオチがどれも良い。イヌの巻の方が写真集は良かった。

「寝言」「乗り過ごした!?」の2つと「ビョンビョンぱっちん」が良かった。

レビュー投稿日
2017年4月10日
読了日
2017年4月10日
本棚登録日
2017年4月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝...』のレビューをもっとみる

『のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝島社文庫 C い 6-2)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする