火車 (新潮文庫)

3.79
  • (2739)
  • (3006)
  • (3850)
  • (358)
  • (81)
本棚登録 : 22993
レビュー : 2318
著者 :
immrmさん 小説   読み終わった 

3回目の読了。前回読んだのは6‐7年前だがストーリーはだいたい覚えてた。しかし、先がわかっていてもおもしろい。
主人公である犯人自体は、最後の最後まで登場しないで話が展開していく。少しずつ、ちょっとしたことがきっかけで謎が解けていき、推理がいきずまってはまた進み、最後に犯人にたどりつく。

昭和の終わりごろが時代背景なので少し古い感じがするが、自分としては同世代なので、かえってそこも共感ポイントとなる。

個人的には宮部みゆき作品の中のNo.1、現代ミステリーの最高傑作だと思う。

また、何年後かに読んでみたい。

レビュー投稿日
2016年1月20日
読了日
2016年1月20日
本棚登録日
2016年1月20日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『火車 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『火車 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『火車 (新潮文庫)』にimmrmさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする