24人のビリー・ミリガン〈上〉 (ダニエル・キイス文庫)

3.60
  • (138)
  • (200)
  • (398)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 1602
レビュー : 149
制作 : Daniel Keyes  堀内 静子 
imorasu5さん  未設定  読み終わった 

人間が平静を保っているのは紙一重。
家族と接する自分、仕事の自分、出会う人毎の自分、一人の時の自分、寝起きの自分、空腹時の自分、寝ているときの自分。。。。。。改めて社会適合性を保つ脳みその能力ってすごいなと思うと同時に、その制御がなんらかのきっかけで壊れた時、ビリーのような多重人格にあっさりなってしまいそうな気がしてきた。
また、社会適合性というバランスをとる行為によって、人間は凡人化しているのであろう。天才とよばれる偉人達は、バランスを取ることから解放され、特定の分野へ視野をあえて狭窄化した上で大きな成果を手にしてきたのであろう。

レビュー投稿日
2013年11月11日
読了日
2013年11月11日
本棚登録日
2013年11月10日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『24人のビリー・ミリガン〈上〉 (ダニエ...』のレビューをもっとみる

『24人のビリー・ミリガン〈上〉 (ダニエル・キイス文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする