「産む」と「働く」の教科書

  • 講談社 (2014年3月25日発売)
3.67
  • (11)
  • (17)
  • (15)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 181
感想 : 21
5

卵子の数は産まれた時がマックスで生理が来るたびに減る、卵子も歳をとる、産まれもった卵子の数が少ない人は20代で閉経することもある、等々、知らなかったことがたくさん。
大学生の頃に読みたかった。
息子が大きくなったら読ませたいが、息子が就職する頃には、本書籍に記載されている内容が当たり前に知られている内容であってほしいとも思う。
良本。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年8月13日
読了日 : 2018年8月13日
本棚登録日 : 2018年8月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする