警察庁から来た男 (ハルキ文庫)

3.68
  • (100)
  • (300)
  • (258)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 1737
レビュー : 177
著者 :
memoさん ミステリ   読み終わった 

笑う警官の続編/ 道警シリーズ二作目/ 面白い/ というか、この構成は有りだ/ 稲葉事件(郡司事件)という大きな事件を象徴にして、その下流で翻弄される警察官を軸に事件が起きる/ 三作目からもそうなっているかはまだ読んでいないので知らない/ それにしても作中の「山口組誠勇会」は現実的には山口組誠友会であろうし、漢字一文字変えても読みは一緒だし、かなり思い切ったなという気がする/ 得体の知れない不正の匂いをあぶり出す後半はかなりワクワクした/ 津久井が監察付きに任命されるところはグッときた/ しかし、PCが使えるだけ(に見えてしまう)受付の女を監察チームに加えるのは疑問/ PCが得意なキャラで行くならもっとその描写をすべきと思う/ 検索が得意、なんてのはPCスキルではない/ 

レビュー投稿日
2018年11月11日
読了日
2018年11月11日
本棚登録日
2018年11月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『警察庁から来た男 (ハルキ文庫)』のレビューをもっとみる

『警察庁から来た男 (ハルキ文庫)』にmemoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする