夜の経済学

3.27
  • (12)
  • (35)
  • (47)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 421
レビュー : 36
ヒョードルさん ビジネス   読み終わった 

稼働店舗と1店舗あたりの在席女性の数から、日本全国の
風俗嬢の人数を30万人と推測。

風俗嬢の平均月収は49万円、首都圏と地方のワリキリの
平均金額の違いなど、まあ、風俗関連の数字について
よくぞここまで仮説を立てたと、好きな人には面白い夜の経済学。

ただ、ただのエロ経済の話ではなく、光ったのが後半部分の
貧困・生活保護に関わる考察。
それなりの所得を得ている人たちは、生活保護を受けている
人たちに対して厳しい評価を下している、これはすなわち
”貧困を想像できていない”という指摘。数字が物語っているだけに
間違いなく事実。
(別のことでも触れて、著者は”自分にやや厳しく、他人には
超厳しい”傾向と表現しています)
そして、この結果が今の日本を覆っている、息苦しさにもなっているの
ではないでしょうかね。

レビュー投稿日
2014年1月15日
読了日
2014年1月15日
本棚登録日
2014年1月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜の経済学』のレビューをもっとみる

『夜の経済学』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『夜の経済学』にヒョードルさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする